本文へスキップ

目の疲れを予防・解消する方法について

目の疲れを予防・解消する方法

目の疲れを予防・解消する方法

インドア派の方とアウトドア派の方とを比べますと、やはり室内で遊ぶ人々の方が目の疲れを感じやすいです。
テレビ視聴や読書、映画鑑賞、スマートフォンのゲーム、パソコン検索といった作業は眼精疲労の原因になります。
短時間であれば目の疲れはほとんど感じません。
しかし、平日のお仕事で蓄積したストレスや疲労感を解消するためにと、ほぼ半日位テレビやパソコンの前に釘付けになってしまっている方々も、世間には多いはずです。

目の疲れを予防するためには、まず電子機器に触れる時間を減らす事が大事になります。
ただ、ストレス解消の方法をむやみに断ってしまうと、それはそれで問題ですので、時間が減らしづらい方は予防策としてブルーライトカットレンズのメガネを付ける等、特別なアイテムを取り入れましょう。
メガネ販売店に行けば、一万円以下でPC用やゲーム用のメガネが作れますので、おすすめです。

また目の疲れが、目そのものではなく、ストレスから来る事例もあります。
そういった原因だと単純に眼精疲労の対策だけを行っても、あまり効果は出ません。
ストレス由来のかすみ目や疲れ目が現れている時は、軽い運動で溜まった心労を解消しましょう。
本当に軽い運動で平気ですので、難しく考える必要はなく、近くの公園まで歩いて出かける等、数十分レベルの散歩でも十分なストレス解消の効果が得られます。

また自宅や職場の中でも、いわゆるラジオ体操をする、肩甲骨を意識的に回してみる、ストレッチやつぼ押しをする等、デスクの上だけで出来る運動もありますので、困った時は実践してみましょう。

ストレッチをする女性

バナースペース

新着情報

coming soon.